I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

February 3, 2018

やっと終わったという気持ちと、終わってしまったという気持ちとが綯交ぜですが。

遅ればせながらCOMBO×COMBO 2nd Performance『星空との出逢い』全ステージ無事に終演いたしました。ご来場いただきました皆様、共演者ならびにスタッフの皆様、当公演を気にかけてくださった全ての方に、心から感謝しております。本当にありがとうございました。

正直語りつくせないくらいいろんな思いがあってさ、なんか柄にもなく宣伝たくさん送ったりしたし、精神的に参ってたりしたし、胃潰瘍だったし、激やせしたし。

でもやっぱり、辛いことも苦しいこともたくさん...

January 20, 2018

本当のことを言えば、不安はたくさんあった。

演技の質のこと、ダンスのこと、方言のこと、郡上おどりのこと、作品のこと。

眠れない日が増えたし、胃潰瘍になったし、ブログや宣伝でポジティブな言葉を綴るほどに、予約が増えるほどに気持ちとの乖離は進んでいった。

どれも自分じゃない人の言葉みたいで、本心ではあるのにどこか実感が湧かなくて、息が詰まるような毎日を送っていた。

本番まであと1週間。2日連続で通し稽古(最初から最後まで止めずにお芝居をすること)をしました。

舞台裏での動線だとか着替えだとか、作品全体のつながりだとか、通してみて初めてわかることが...

January 15, 2018

祭とは、感謝や祈り、慰霊のために神仏および祖先をまつる行為である。 

いきなりwikipediaから引用してしまった。

1/26-1/28に上演する『星空との出逢い』の中に、郡上おどりが出てくる。郡上おどり。地元岐阜県の無形民俗文化財にして日本三大盆踊りのひとつ。こう書くと凄そうな感じがする。印象操作。

当然作中に郡上おどりを踊るシーンがある。空き時間に振りの確認をしていたら、キャストが無言で輪に加わっていく。音も流れていないし櫓もない、浴衣を着ている人もいないけど確かにこれは祝祭だ、と感じた。

演劇と祝祭について、みたいな話を聞いたばかり...

January 12, 2018

人生は思うようにいかない。

3年くらい前までは、自分の行動で何かが変わるような気がしていた。演劇を始めてみたり、辞めてみたり、受験勉強をしてみたり、アイドルを好きになったり、ロックバンドを聴くようになったり、東京に行ったり。

地元にいるのは窮屈だった。仲のいい友達がいたわけでもなく、観光地でもなく、好きなものといえば家の周りにいたキジくらいだった。

不真面目でヤンキーとつるむようなタイプだった3つ上の兄が勉強に目覚めたのは、高校受験がきっかけだった。受験勉強に付き合っていた時に高野山の読み方がわからなくて笑われたのを今でも覚えている。どう...

January 5, 2018

他人のことなんてわからない。

私にわかるのは所詮自分の想像の及ぶ範囲でしかない。

だからこそ、他人を理解したいし理解されたい。生きているだけで心は磨耗して焦りばかりに囚われて、いつしか誰かを理解したいなんていう気持ちは薄れていく。歩み寄る姿勢がなければいつまで経ってもふたりの関係は平行線でしかない。

イライラする。分かり合えなさを突きつけられると、どうしようもない怒りと焦燥が募る。

私は怒っているのだ、とようやく気づく。視野が狭まっていつのまにか自分のことさえも見えなくなっていく。

人間は円だ、と思う。

人の数だけ円があって、どれほど近づいても...

January 5, 2018

年末年始、岐阜の実家に帰りました。

いつものように午前6時に深夜バスを降りて、母に車で家まで送ってもらいました。

実家を出てから3年。

知らないうちに私の部屋は物置になっていて、去年は1台だけ置かれていた使わないテレビが2台になっていました。

リビングにあったこたつはストーブになっていました。

ウッドデッキはなくなりました。

洗面所の電気は点かなくなりました。

お風呂場の換気扇は新調されていたし、電子レンジもちょっといいやつになっていたし、2台あった祖父母のプリウスは軽自動車1台になっていました。

久しぶりに会った母は松葉杖をついていました。

リビン...

December 31, 2017

あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。

なんてかたい挨拶はさておき、今年もよろしくお願いします。

2017年は6作品に役者、2作品にスタッフとして参加させていただきました。

私個人としてはサークルを辞めたり、初めての主演が2本(3本?)あったりと激動の年でした。フォロワーさんもたくさん増えてちょっぴり、いや、結構嬉しいです。数字に重きを置いているわけではないのですが、コミュニティの広がりが目に見えて分かるのはやはり嬉しい事です。もっと沢山の人に観ていただけるように、そして応援していただけるように精進します。

1度だ...

December 28, 2017

高田馬場の駅のホーム、階段を登りながら背後で喧嘩をする人を眺めていた。

忘年会のアルコールと年の瀬の浮ついた空気にぼんやりとした頭を怒声と電車の到着を告げるアナウンスが通過して、背後で繰り広げられる小さな衝突に目を背けて友人との別れを惜しんだ。

こんなことはきっと日常茶飯事で、あらゆる場所であらゆる時間で起きていることで、きっとあの人たちも明日になったら互いの顔さえ思い出せなくなって、あの時の怒号は風に吹かれて電車に轢かれて道に落ちて夜明けにはボランティアに拾われるかカラスに喰われるかしてしまうのだろうけど、私の頭の中には何故だか見も知...

December 21, 2017

どうしてブログを書くのか。正直ブログを書くのは嫌いです。

長い文章は書いているうちに言いたいことを見失ってしまうから。

このブログを作ってから1年、ほとんど更新することはありませんでした。

公演の節目にありがとうと書くだけだった場所を、最近になって頻繁に使うようになりました。

私にとっての「日々のよしなしごと」を綴る場はあくまでTwitterなので、ブログを書くとなるとなんだかしゃちほこばってしまっていたのです。

更新のきっかけは、その時参加していた作品のことを鼻で笑われて悔しかったという大人気ない出来事でした。悔しくて、私はこんなにも好きな...

December 21, 2017

不意に、「立ってみたい劇場はありますか」という質問に答えられなかったことを思い出した。

今日稽古をしていて、私にとって劇場はそんなに重要な要素じゃなかったからなのかなあと気づいた。

初めて「演劇」を観たのは中学3年の3月、進学先の高校の演劇部がやっていた自主公演を観た時のこと。

誘われて行っただけで何の興味もなかったのに、会場の図書館を出るときにいつになく興奮していたのを今でも覚えています。

その時の演目は野田秀樹の『赤鬼』で、3人の役者と録音した音声、照明のネタ(分からなかったら検索してください)で登場人物を描いていたことに衝撃を受けたの...

Please reload

January 15, 2018

December 31, 2017

December 28, 2017

December 21, 2017

December 21, 2017

Please reload

最新記事
タグから検索
アーカイブ
Please reload

© 2017 by Mikuni Imoto. Proudly created with Wix.com
 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now